Boeing 777-200ER

ドバイ、キト、大阪へご旅行の際は、Boeing 777-200ERにご搭乗いただけます。 それぞれの名前を見つけて好奇心を満たしましょう。

Boeing 777-200ERについて

2003年に初めてBoeing 777-200ERを導入しました。 -200ER型は、世界最大のツインジェット機です。すべての商用航空機種で最大の着陸装置を備えています。 ドバイ、キト、グアヤキル、大阪にご旅行の場合は、これらの機体で飛行できます(季節ごとに目的地が異なります)。

Boeing 777のツインジェットエンジンは175,000馬力です。 この馬力によって、この機種は6秒で0から96 km/hまで加速できます。 このエンジンは、最も強力なジェットエンジンとしてギネスブックの記録に掲載されています。

機体名

ほとんどのBoeing 777-200ERには世界遺産の名前が付けられています: Epidaurus、Chichen Itza、Ferrara City、Mount Kilimanjaro、Galápagos Islands、Hadrian’s Wall、Nahanni National Park、Pont du Gard、Borobudur、Darjeeling Railway、Iguazú Falls、Litomyšl Castle、Machu Picchu、Old Rauma。 KLMオランダ航空の初代「トリプセブン」はただ1つの例外です。 KLMオランダ航空の創設者にちなんでAlbert Plesmanと名付けられました。

Boeing 777-200 KLM

座席表

すでにご予約済みですか? 「お客様の予約」にログインし、座席表をご確認いただけます。 ご希望のお座席を選択していただくことも可能です。

仕様

機材の詳細

翼幅60.90 m
長さ63.80 m
高さ18.50 m
巡航速度900 km/h
航続距離13,080 km
最大乗客数320名
最大離陸重量297,500 kg

平均座席間隔

エコノミークラス79 cm
エコノミー・コンフォート89 cm
ワールドビジネスクラスフルフラットシート

航空機内

エコノミークラス座席レイアウト3-4-3
ビジネスクラス座席レイアウト2-2-2
WiFi一部利用可能
電源有り
トイレの数5