KLMの経営

KLMの経営陣をご紹介します: 当社の執行委員会、監査委員会、および取締役。

執行委員会

KLMの経営は、経営陣の手に委ねられています。 法定常務取締役は社長兼最高経営責任者のマルヤン・リンテル、常務取締役兼最高財務責任者のエリック・ソルヘイム、ならびに常務取締役兼最高執行責任者のルネ・ド・グルートです。

KLM執行委員会のメンバーはこちらからご覧になれます

監査委員会

監査委員会は、取締役会による経営とKLMの一般的な業務を管理しています。 監査委員会は、Cees ‘t Hart(議長)、François Enaud、Jan-Kees de Jager、Christian Nibourel、Marjan Oudeman、Fleur Pellerin、Pierre-François Riolacci、Benjamin SmithおよびJanine Vos.の各人で構成されています。

マルヤン・リンテル氏の経歴

マルヤンE.F. リンテル(1967)―社長兼最高経営責任者は民間航空業界で優れた実績があります。 学業を終えた後、リンテル氏はアムステルダム・スキポール空港で様々な職務につきました。 1999年にKLMに移り、2014年まで多数の役職を務めました。 会社の内部から、経営的および商業的に当社について知ることとなりました。 2014年、リンテル氏はNS(オランダ鉄道)に移りました。 6年間、取締役会で運営責任者を務めました。 2020年、当取締役会の会長に任命されました。 2022年7月1日、社長兼最高経営責任者としてKLMに復帰しました。

リンテル氏は、KLMの包括的な戦略および業績に責任をもちます。KLMの市場での地位を強化するために戦略的優先順位を設定することが責務における重要な側面です。 また、新型コロナウイルスによる危機からのさらなる回復が委ねられているとともに、KLMの事業をより持続可能なものにすることに責任があります。 本ビジョン、およびそこでの革新の役割をより発展させることが大変重要です。

リンテル氏は、お客様中心であり効率的な組織の維持および強化にも責任をもちます。 提携の発展および強化、パートナーシップ、KLMの社会的立場の強化に重点を置いています。 リンテル氏は、KLMと社会との結びつきは相互の理解を中心として強化されるべきであると考えます。

KLMの社長としての役割の中で、リンテル氏はエールフランスKLMグループの執行委員会およびCEO委員会のメンバーも務めます。 他にも様々な役職についています。

リンテル氏は、フローニンゲン大学で経営管理学を学びました。

エリック・ソルヘイムの経歴

エリック(R)ソルヘイム(1965年生まれ)-常務取締役兼最高財務責任者は、2004年にKLMに着任し、経理・財務担当者としてキャリアをスタートさせました。 2012年、彼は最高財務責任者に就任し、2014年に常務会に加わりました。 KLMで働く前は、オランダのIglo-Ola社の財務管理者、DiverseyLeverの欧州サプライチェーンの財務部長、フランスのJohnsonDiverseyおよびDiverseyLeverの財務部長など、ユニリーバ社内で複数の財務管理の職に就いていました。

常務会の共同責任において、KLMのコーポレートファイナンス・財務、財務計画・報告および財務リスク管理を担うのはCFOです。 常務取締役である彼にとって、KLMの調達とITは重点分野の一部です。 彼はIATA金融委員会のメンバーです。 さらに、KLMの完全子会社であるトランサヴィアの監視委員会のメンバーでもあります。

エリック・ソルヘイムは、アムステルダム大学(経営学で修士号を取得)や、アムステルダム自由大学(財務管理の大学院修了-RC)を卒業しています。

ルネ・ド・グルートの経歴

ルネ(M)・ド・グルート(1969年生まれ)-常務取締役兼最高執行責任者は、1990年にKLMに着任し、パイロットとしてキャリアをスタートさせました。 パイロットとしての最終役職では、2012年までエアバスA330で機長を務めていました。 1999年、彼はオランダパイロット連合VNVに加わり、2005年から2009年までVNVの会長を務めました。 ド・グルートは、2010年と2011年、国際定期航空操縦士協会連合会(IFALPA)の会長代行でした。 2012年に、エンジニアリング&メンテナンス部門の管理職に転向し、そこで経営本部長となり、2015年に最高執行責任者として常務会に加わりました。 彼もまたKLMの責任あるマネージャーです。

常務会の共同責任において、年間3,500万人の乗客を受け入れ、171の就航都市に向けて一日734便を運航し、20,000人のスタッフを抱えるKLMの旅客事業部門を担うのはCOOです。

KLMの責任あるマネージャーとして、ド・グルートは、オランダ民間航空局(CAA-NL)に対して運航の安全性と法令が要求するコンプライアンスの基準を維持することへの説明責任があり、さらに彼は航空運送事業許可(AOC)における最終責任を担っているのです。 この責任の範囲内で、総合的な安全管理システム(ISMS)全体に責任を負っています。

ルネ・ド・グルートは航空パイロットとしてRijksluchtvaartschoolを卒業しました。 また、複数の航空安全リーダーシップコース(Baines Simmons社)と管理プログラム(米国ダーデン・ビジネススクール)を修了しています。