KLMの経営

KLMの経営陣をご紹介します: 当社の執行委員会、監査委員会、および取締役。

執行委員会

KLMの経営は、経営陣の手に委ねられています。 法定常務取締役は、社長兼最高経営責任者のマルヤン・リンテル、常務取締役兼最高財務責任者のエリック・ソルヘイム、ならびに最高執行責任者のマーテン・スティーネンです。

監査委員会

監査委員会は、取締役会による経営とKLMの一般的な業務を管理しています。 監査委員会は、Cees ‘t Hart(議長)、François Enaud、Jan-Kees de Jager、Christian Nibourel、Marjan Oudeman、Fleur Pellerin、Pierre-François Riolacci、Benjamin SmithおよびJanine Vos.の各人で構成されています。

マルヤン・リンテル氏の経歴

マルヤンE.F. リンテル(1967)―社長兼最高経営責任者は民間航空業界で優れた実績があります。 学業を終えた後、リンテル氏はアムステルダム・スキポール空港で様々な職務につきました。 1999年にKLMに移り、2014年まで多数の役職を務めました。 会社の内部から、経営的および商業的に当社について知ることとなりました。 2014年、リンテル氏はNS(オランダ鉄道)に移りました。 6年間、取締役会で運営責任者を務めました。 2020年、当取締役会の会長に任命されました。 2022年7月1日、社長兼最高経営責任者としてKLMに復帰しました。

リンテル氏は、KLMの包括的な戦略および業績に責任をもちます。KLMの市場での地位を強化するために戦略的優先順位を設定することが責務における重要な側面です。 また、新型コロナウイルスによる危機からのさらなる回復が委ねられているとともに、KLMの事業をより持続可能なものにすることに責任があります。 本ビジョン、およびそこでの革新の役割をより発展させることが大変重要です。

リンテル氏は、お客様中心であり効率的な組織の維持および強化にも責任をもちます。 提携の発展および強化、パートナーシップ、KLMの社会的立場の強化に重点を置いています。 リンテル氏は、KLMと社会との結びつきは相互の理解を中心として強化されるべきであると考えます。

KLMの社長としての役割の中で、リンテル氏はエールフランスKLMグループの執行委員会およびCEO委員会のメンバーも務めます。 他にも様々な役職についています。

リンテル氏は、フローニンゲン大学で経営管理学を学びました。

Biography Bas Brouns

Chief Financial Officer Bas Brouns (1971) is a statutory managing director and responsible for KLM's financial planning, reporting, investments and risk management. As CFO, Bas manages the Corporate Control, Corporate Finance & Treasury, Internal Audit, Passenger Business Controlling, Taxation and Real Estate & Facility Contracting departments. He also bears ultimate responsibility for Procurement and Fuel.

Bas Brouns has worked at KLM for more than 28 years and has held financial positions in various areas, including network planning, ground services, revenue management, alliances, e-commerce, business innovation and treasury. In his most recent position, Bas was Senior Vice President Corporate Controller.

Bas Brouns holds a master’s in Business Administration from the University of Groningen and a master’s in Finance from London Business School.

マーテン・スティーネンの経歴

マーテン・スティーネン(1974年生まれ)は、1998年に管理職の研修生としてKLMに入社しました。 この研修期間を終えた後、航空機サービス部門に配属され、そこで4年間勤務した後、ついに執行部門の責任者に任命されました。 2004年には新たな挑戦を求め、海外支社へ赴任し、北中南米のゼネラルマネージャーに就任、ニューヨークへ拠点を移しました。

2007年にオランダに戻ってきた彼は、アムステルダム・スキポール空港の手荷物およびターンアラウンドサービス担当副社長に就任しました。 この役職を4年間務めた後、労使関係・報酬・福利厚生担当副社長に任命され、KLMオランダ航空の全従業員の雇用報酬および福利厚生の再構築を行いました。

2018年には、KLMケータリングサービスの常務取締役に任命され、複数の航空会社へのサービス提供、ケータリングサプライチェーンの再設計、商業および人事戦略の再編成を担当しました。 その後、スキポール空港でKLMと提携会社の航空機と旅客の対応をすべて担当するハブオペレーション部門の上級副社長に任命されました。 マーテンは、コロナウイルスのパンデミック中も、この部署に勤務していました。 このパンデミックは、KLMの歴史の中で最も厳しい危機的状況の一つとなりました。 そして2022年8月、最高執行責任者に任命されました。

マーテン・スティーネンは、AFKLグループのさまざまな部門や幹部職で25年間運営と管理の経験を積んできました。 このような幅広い経験のおかげで、主要な改善を行う際に、従業員からの支持を得るために必要な幅広い見識を有しています。 また、マーテンは、顧客満足度、デジタル化、持続可能性といった身近なテーマにも大きな関心を寄せています。

Biography Barry ter Voert

Barry A.M. ter Voert (1971) holds an MSc in Business Administration and graduated in Economics from Tilburg University. After a traineeship with Arthur Andersen in London, he joined KLM in 1996 as a management trainee. He has worked in Amsterdam, Budapest and Paris and held a variety of positions in the Air France-KLM commercial organisation, including Senior Vice President Pricing & Revenue Management and Senior Vice President Europe. In March 2023, Barry joined the KLM Board of Managing Directors as Chief Experience Officer (CXO) & EVP Business Development. In this role, he is responsible for the KLM brand, customer experience and the development of KLM's business model, heading the departments of Mainport Strategy, Fleet Development, Network Planning, Alliances, Customer Experience and Information Services. Barry believes in a future in which KLM will lead the way in making the airline industry even more sustainable.

As CXO, Barry ter Voert is a member of the Executive Board of SkyTeam, an alliance of airlines that include Air France-KLM and Delta Air Lines.