ネットワークとアライアンス

パートナーたちと協力することで、当社は広範囲なネットワークを強化、拡大することができ、さらには当社のスキポールハブ空港としての強みに貢献することができるのです。

戦略的パートナーシップ

当社のパートナー戦略には3つの構成要素があります。 一つ目は、エールフランス、デルタ航空そしてアリタリア航空と共に大西洋横断共同事業に参加したことです。 二つ目は、ケニア航空、アリタリア航空、ウクライナ国際航空、中国南方航空、厦門航空および中国東方航空と共同事業を提携したこと。そして三つめは、全大陸にコードシェアパートナーシップを広範囲に守備することで、世界中に当社の足跡を残すことができたことです。

また、南米と欧州を行き来する各顧客層にとっての最初の選択肢であり続けるために、当社がブラジルのGOL社と戦略的パートナーシップを提携することは非常に重要なことです。

中国南方航空とその子会社である厦門航空とのパートナーシップは、当社の中国に向けた戦略の鍵となります。 当社は中国内でKLMのゲートウェイ以外の6路線および約40のコードシェアの就航都市において共同事業を展開し、香港や台湾を含む大中華圏内のKLMの事業を支援しています。 中国南方航空および厦門航空と共に、今でもアムステルダムは欧州から中国へ、中国から欧州へと8カ所の就航都市に向けてアムステルダムから直行便を運航する主要なゲートウェイとなっています。 これらのパートナーと共に、KLMは大中華圏に向けて週67便を運航しています。

KLMの就航都市

アムステルダム・スキポール空港では、多様な航空会社によるネットワークが相互に接続されているため、乗客に対し世界のほぼすべての主要都市へのアクセスを提供することができます。

KLMは定期的に新たな就航都市へのフライトを導入しています。 自社のネットワークを拡大する際、KLMは収益性の高い成長の機会がある特定の国や地域のビジネスやレジャー開発に着眼しています。 KLMは現在、世界中の162の就航都市へ向けて運航しており、そのうちの70か所は大陸間路線、92か所が欧州路線となっています。

デュアルハブシステム

アムステルダム・スキポール空港はKLMのネットワークにおいて重要な役割を果たしています。 パリ・シャルルドゴール空港も同様にエールフランスにとって重要です。 いわゆるこのデュアルハブシステムは、概してエールフランス-KLMにとって有益なのです。

ネットワークとハブは密接に関連し合っています。 新しい就航都市はハブ空港の地位を確固たるものとし、乗客や航空貨物会社に対してスキポール空港をもっと知ってもらうことができます。 また、有能なハブ空港の経済的影響力はオランダ全体の競争力にとって有益であり、地域や国の雇用機会を活性化させます。