責任の制限

ワルシャワ条約に順守し、旅客および手荷物の国際運送に対する弊社の責任の制限についてご説明いたします。

欧州共同体の規則 (EC) No. 889/2002

旅客が出発国以外の国を最終目的地または寄航地とする旅行を行う時は、ワルソー条約として知られる条約の規定が、出発国または到着国の国内区間を含む、旅程の全区間に対して適用されることがあります。 アメリカ合衆国内の地点を出発地、到着地、または予定寄航地とする旅行をする旅客の場合には、同条約および適用タリフの中の特別運送契約により、かかる特別契約に加入している運送人または履行当事者の、旅客の死亡または負傷に対する責任は、ほとんどの場合、旅客1人あたり75,000米ドルを超えない損害額に制限され、かかる限度までの責任は運送人側の過失を条件とするものではない、と定められています。 かかる特別契約に未加入の運送人により旅行をする旅客の場合、またはアメリカ合衆国内の地点を出発地、到着地、予定寄航地としない旅行をする旅客の場合は、旅客の死亡または負傷に対する運送人の責任は、ほとんどの場合、約10,000米ドルまたは20,000米ドルに制限されます。 かかる特別契約に加入している運送人、履行当事者の名称は、当該運送人の航空券発券事務所にて入手でき、請求があれば閲覧できることになっています。 通常は、保険会社の保険を購入することによって、上記補償に追加して補償を得ることができます。 かかる保険は、ワルソー条約や上記特別運送契約の定める運送人の責任制限に影響されることなく付与できます。 詳しくは、ご利用の航空会社または保険会社の担当者にご相談ください。 注意: 75,000.00米ドル以上の賠償責任限度額には、弁護士費用および訴訟費用が含まれます。ただし、州により訴訟を起こす場合には別途弁護士費用および訴訟費用が支払われることが規定されている場合、その限度額は、弁護士費用および訴訟費用を除く58,000.00米ドルの合計となります。 本通知は米運輸省 (DOT) の命令69-2-65 に基づくものです。 これは、お客様のご旅行に適用されうる1999年モントリオール条約の条項を反映しておりません。 本通知の内容の正確性についてはいかなる表明も行いません。

上記にかかわらず、旅客はより有利な責任制度の対象となる場合もございます。 KLM運航のフライトでご旅行のお客様に適用される賠償責任限度額は以下の通りです: 旅客の死亡または負傷に対する賠償責任限度額は設けられていません。KLMは、補償を受ける資格のある人物の当座の経済的ニーズを満たすために、損害に応じて仮払金を支払う場合もございます。手荷物の破損、紛失、損害または遅延の場合については、立証された損害に対するKLMオランダ航空の責任限度額は、1,131特別引出権(約1,230ユーロ)です。 お客様の手荷物がこの限度額を超える場合は、チェックイン時に、責任限度額を超える手荷物の価額を申告するか、旅行の前に十分な保険をかけることをお勧めします。航空運送の遅延により生じた損害については、KLMの賠償責任限度額は4,694特別引出権(約5,100ユーロ)とします。 KLM以外の航空会社が運送に関わっている場合、責任限度額については各航空会社にお問い合わせください。 本通知は欧州共同体の規則(EC) No. 889/2002の要求に従うものです。