お薬および医療用機器

医師の処方により、いつでも薬を機内に持ち込むことができます。 お薬、補充用酸素、その他のタイプの医療用機器の持ち込みについての詳細をご覧ください。

お薬の持ち込み

フライト中に薬が必要な場合は、必ず手荷物に入れてください。 また、お薬や注射器については、英語で書かれた医師の処方箋を持参してください。 そうすることで、税関や保安員は質問がある場合に処方箋を確認できます。

KLMの航空機は、機内の冷蔵庫のスペースが限られています。 薬を冷やす必要がある場合は、冷蔵バッグまたは魔法瓶を持参することをお勧めします。 ただし、小さなパッケージの医薬品は、機内の冷蔵庫に保管することができます。

機内の酸素

補充用酸素をご持参の場合でも、補充用酸素の提供をご希望の場合でも、出発の48時間前までに必ずご連絡ください。

KLMオランダ航空が提供する酸素

当社が提供する補充用酸素を使用する場合は、フライトごとに275ユーロの料金を支払う必要があることにご留意ください。

お客様の病状に合わせて提供する酸素の量を正確に調整することができます(最大5.2リットル/分)。 この機器をご利用になる場合は、客室乗務員がお手伝いいたします。

ご自身の補充用酸素をお持ち込みになる場合

お客様自身の補充用酸素をご持参されていますか? そうしたデバイスは、バッテリー駆動の場合は機内で使用でき、オプションで正味出力でも動作します:

  • 携帯型酸素濃縮装置(POC)
  • 持続的気道陽圧法(CPAP)装置
  • レスピレーター

十分に充電されたバッテリーを持参してください。 機内のすべての客席の電源を保証することはできません。 遅延の場合があるため、バッテリーは予定されている最長飛行時間の150パーセント以上利用できる状態でなければなりません。 手が届きやすいように、バッテリーはシートの下に収納してください。

その他のタイプの医療用機器

その他の医療機器または補助器具は、座席下に収納するか、隣の座席に固定できる場合は機内にお持ち込みいただけます。

機内の電源は保証できませんので、十分に充電済みのバッテリーをご持参ください。 遅延の場合があるため、バッテリーは予定されている最長飛行時間の150パーセント以上利用できる状態でなければなりません。 これらのバッテリーは、目の前の座席の下に収納する必要があります。

お客様のタイプの医療用機器はこのページに記載されていませんか? それを持ち込む可否についてご相談するために当社に連絡してください。